FC2ブログ

トレイ準備~ニンニク畝直し

農園サユールイトシロの栽培日誌的備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春は毎年のことだが眠い。特に朝が辛い。一応7時には(!)起きるのだが、飯食ったあとすぐに仕事に取り掛かることが出来ない。いつもボーっとしたりまた寝たりで時間を無駄にしている。

午前中は白鳥に用事を済ませに行く。石徹白に戻る前に呼び出しが掛って支援センターでお茶をする羽目になた。羽目になったというと語弊があるか。まぁでも結果的には午前中はなにも仕事が出来ずに終わる。

本当は今日はGE2の畝立てまでやるつもりだったが、午前中がこんなんだったし明日も何とか天気は持ちそうだったのでもう一日畑を乾かしてからにすることにした。

で午後は種蒔き第二弾用とズッキーニ用にトレイに土を取る。

実はおとつい昨年オクラでやってみて成功した芽出し方法(タオルに種を包んでみずに浸してそれを温床の中においておく方法)でピーマンやナスが芽出しできるかの実験をしている。これはあくまで実験なので、これとは別に通常のやり方で種蒔きをする。

今年の芽出しハウスの育苗棚は2段になったので、この第2段は全て下段にいれる。一段あたり30枚入るのでトレイも30枚用意した。

土は下層にNA1の土を上層にNA4の土を入れる。NA4の土は本当にサラサラの芽の細かい土が多い。畑によって土の感触が違うことはあり得るが、そこで生えた草から出来た堆肥、もしくはほとんど土になったものも、やはりそこの畑の土とおんなじような感触のものになるということは、やはり作物も土からでいて、土にかえるということなのだと改めて思う。

夕方遅くからようやく昨年の雪降り前にめくれてしまっていたニンニクの畝のマルチの貼り直しをする。

そういえば昨年の雪が降る前はほとんど芽が出ていなかったためあきらめていたニンニクだが、雪が溶けてみてビックリ!まだ小さいながらもほとんど芽が出ていた。しかも小さいために使わず畑の残渣を捨てていたところに捨てたニンニクからも芽がぞっクリ出ていたこともビックリした。

しかしこの張り直しってのも結構めんどうで今日は1畝直したのが精いっぱい。1畝1時間以上はかかるな。しかしどの畝も芽はしっかり出ている。がんばって後3畝直そう!

 | Copyright © 農園サユールイトシロの情報BOX All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。